のむログ

技術メモ / 車 / 音楽 / 雑記 / etc...

僕の所属する学生団体でSlackを布教してみた

みなさん、『Slack』ってご存知ですか?

Slack(スラック)は2013年に公開され、その直後から24時間で、約8000ユーザーの登録数を獲得するところから始まり、今なお、急速に世界中で普及し、利用者を増やし続けている アメリカ発のコミュニケーションツール です。

ちなみにこのSlack、実は 無料 で始められます。

社内SNS用にどのビジネスチャットを使おうか、お悩みの場合には、まずは比較のために、無料でご利用されてみることがオススメです。

さて、そんな気軽に始められるSlackですが、他のチャットツールと比較して、どのような強みがあるのでしょうか。

オフィスを離れてやりとりする時に便利なのがチャットツールやグループトーク。グループトークはChatWork、Facebookのメッセンジャー、LINEでももちろん使え、複数人でやりとりできるので、ビジネスシーンでも大活躍します。

とくにSlackにしかない魅力のひとつは機能の多さです。標準的な機能に加え、絵文字のカスタマイズや既存サービスとの連携ができ、またリアルタイムでやりとりが容易という特徴があります。 また、画像の共有時にはサムネイルで表示されるため、見た目にもわかりやすくなっています。

Slackとは何?Lineとの違いを比較したらすぐわかる件 | ビジネスチャットマスター

というようなコミュニケーションをより円滑にするツールです。

僕の所属する学生団体ではプロジェクトごとにグループを作るのですが、その数がまぁ多いこと。イベントが重なると1人で2、3個のグループに属することも多々あり。

しかも、招待してくれないとグループ進捗確認できないこのしんどさ。イベント運営にLINEは向いてないのかも🤔

そこで、このSlackを使おうと思い、会議の際にSlack講座なるものを開きました😇

f:id:nomunomu0504:20190407011554j:plain:w500
↑これはSlack勉強会用のチャンネルを確認している自分

簡単な投稿方法から、リアクション・スレッドの使い方を教えると

f:id:nomunomu0504:20190407012405p:plain:w700

すぐに遊んでくれるのが嬉しいところ😃

この学生団体のITスキルはうなぎ上りで、サイトのメンバー紹介などは自分で変更できるように僕が作り、ログインして編集してもらったりなど。

これからもどんどんITスキルをあげて、日本1のIT学生団体目指さないと!

そんな学生団体はこちら!!

with-sabae.com