某高専生の某高専生による高専生のための...

技術メモ / 車 / 音楽 / 雑記 / etc...

ブロックチェーン?

仮想通貨

最近何かと「仮想通貨」って言葉を聞きます。BitcoinとかEthereumとかです。そもそもどうやってそれらに価値を見出しているのでしょう。少し気になったので調べてみました。

ブロックチェーン

Bitcoinとかの仮想通貨は「ブロックチェーン」という技術によって支えられています。簡単に言うとブロックチェーンは「データを改ざんしにくい記録技術」です。一定期間の取引データ(ブロック)をチェーンで繋いで記録履歴を作成していく。みたいな感じだと思ってください。

http://gaiax-blockchain.com/wp-content/uploads/2016/04/20160229-%E3%83%96%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%BC%E3%83%B3-Gaiakitchen%E7%99%BA%E8%A1%A8%E8%B3%87%E6%96%99-%E3%81%AE%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC-5-1.png 画像引用: ブロックチェーンの仕組み 〜初心者のためのわかりやすい解説〜

分散型ネットワーク

重要なデータなどが保存されているデータベースを一箇所に保管しているとします。そこがハッキングされたらどうでしょう。終わりですよね。そこでブロックチェーンは「一箇所に保管せず、利用者全員で同じデータを管理する」という考え方をとります。

つまり、ブロックチェーン = 台帳 しかも、ブロックチェーンが始まってからの取引を全て記録している台帳です。

で、です。何がチェーンの役割をしているかというと。ハッシュ値です

ハッシュ値

任意のデータを変換し一定の長さのデータにしたものをハッシュ値といいます。

新たなブロックをつなげる際に、1つ前のブロックのハッシュ値を次のブロックに含ませることで、あるブロックが改ざんされたとしても、ハッシュ値を比較することで、検出することができます。

ふむふむ。もう少し調べてみることにしよう。