某高専生の某高専生による高専生のための...

技術メモ / 車 / 音楽 / 雑記 / etc...

SwiftでのSingletonについて

f:id:nomunomu0504:20190403014311p:plain:w0

前の記事でAndroidのContextについて書きましたが、今回はiPhoneのSwiftでのSingletonについてです。

昔だとSingletonを実装しようとすると

class Singleton_Class: NSObject {
  class var sharedInstance: Singleton_Class {
    struct Static {
      static let instance: Singleton_Class = Singleton_Class()
    }
    return Static.instance
  }
}

みたいに、長くなってたんですが、最近だと

class Singleton_Class: NSObject {
  static let sharedInstance = Singleton_Class()
}

これで終わり。なんてこった。使う場合は

class ViewController: UIViewController {
  var singleton_Class: Singleton_Class = Singleton_Class.sharedInstance
}

で終わりです。

以上。今日はここまで